小ネタその2

実はココも気になっていた

アタマがゆるい。
いや、私のじゃなくてドルフィープラスヘッドの。

ねじ止めしても隙間ができるし、削り作業中に全体のバランスを見るのもひと苦労。

顔の細部をいじる前にココもなんとかしちゃいましょう。

どーせウィッグで隠れちゃうんだけど。

パテで隙間を埋める

まず、パテがくっついちゃったらヤバい顔パーツにメンタムリップを塗っておきます。
去年の残りとかの使い古しで大丈夫。

接合面と、内側(なるべく全部)、外側(接合面から5mmほど)にベタベタ塗って、綿棒やティッシュで均しておきましょう。

ふた部分を洗浄+接合面にヤスリがけしたあと、パテを盛ります。
少なめで大丈夫。

メンタムを塗った顔パーツにパテを盛ったふたを装着して強く押し付けます。
にゅるにゅるはみ出てきますがあとで削るから問題なし(こればっか)。

このまま完全に硬化するまで待ちます。

まあ、こんな感じ

固まったら、はみ出したパテを削り取ったあと、後頭部など目立たないところに彫刻刀の平刀をつっこみます。
意外なほどカンタンにパカリと割れるのでびっくりします。

ヤスリで段差を削ります。
写真はまだ途中。

ふたがしっかりはまるようになるので、ネジ止めなしでも作業ができて便利なのです。

次の作業に入る前に、顔パーツに塗ったメンタムリップをぬるま湯+歯ブラシ+中性洗剤で落としておくのを忘れずに。

戻る